高そうな湯のみ

不要な物を一度見直す

自宅にある不要な茶道具や、何なのかよくわからない骨董品を処分する前に、買取専門店へ金額査定をしてもらうことをオススメします。
有名作家や人気作家の作品となると約50万円ほどの値打ちが付くことがあります。
倉庫や収納部屋を占領している不要な物、壺や掛軸、茶道具一式、絵画、日本人形等、どのような物でも査定を行なってくれるので処分する前に一度確認してみましょう。

骨董品の買取を行なう專門店が年々増加傾向にあります。日本人の生活様式の変化や世代交代により、洋室に合わない掛軸や茶道具、大きな壺等の骨董品を手放す方が増えています。
それらの骨董品を集めているコレクターは多くおり、作家の作品を集めているというマニアは沢山います。その仲介役として買取専門店が存在します。
査定は全て知識豊富な專門鑑定士が行なってくれるので、納得行く金額を提示してくれます。作品の状態や作家名、作成年等も詳しく説明してくれるので信頼の置ける鑑定士ばかりです。

特に茶道具を買取依頼する方が増えています。茶道具は一式となると数十種類もの数になり、季節ごとの茶器や湯を沸かす茶釜、和室を彩る花入や掛軸も茶道具に含まれます。
とくに茶釜は重く場所を取る物なのでどうにかしたいと考えている方が多いです。買取専門店では出張買取を行なっている所もあるので、重い荷物を運ばずに自宅で査定を依頼することが可能です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031